お金とエロにしか興味のない株クラの皆様へ後編

つづき。もうこれで終わりにしようwww

お金とエロにしか興味のない株クラの皆様へ①前編



 

ゴーゴーバー

世界有数の歓楽街であるタイ・バンコク。そこにある代表的なナイトクラブをゴーゴーバーといいます。このゴーゴーバーっていうのは、総称であって、ある特定のお店を指す固有名詞ではありません。

ゴーゴーバーは踊り子?のような女の子たちがポールダンスしたり、オ〇ニーしたり、ストリップしたり、S〇X(本番)したりしているのを観劇するようなバーです。外国のことを知らなくても、まあ知っている方も多いと思います。世界的に有名なので、普通に欧米からのおばさまの観光客とかいますw全裸のS〇Xした後の女の子にチップあげてたフランス人と思われるおばさまがいらっしゃいましたが文化の差を痛感したこと覚えてるwww

 

しかも、エロいというか私びっくりしてしまったんですが、女性の股間からいろんなものが出てくるという謎の手品まで出し物としてあります。

だってさ、ま〇こから万国旗が出てくるとかいう謎のことまでやっていて、そんなんみなさんみたことある!?「単なる風俗じゃないんだ面白いなwww」と思った記憶があります。日本でもそんなんあるんですかね・・・w単純に笑ったわ・・・。

 

んでこのゴーゴーバー。もちろん女の子を外に連れ出すこともできます。お店の人に聞けばいわゆる日本でいうラブホテルみたいなところも教えてくれるはず。そして行ってみればわかるんだけど、暗いwそしてタイは性転換や整形がさかん。

 

つまり何かっていうと、気があって連れ出そうとした女の子が、実は女の子じゃなくてニューハーフだったってこともよくあるらしい。

 

なんじゃそら。べ〇さんじゃねえかwww

 

若かりし頃の私はこのゴーゴーバーに行って、モノは試し!と遊びに行ったはいいものの、ラオス人の25歳前後のお姉ちゃんに付きまとわれぼったくられそうになった記憶があります・・・ってかぼったくられてたんだろうなあ・・・あの頃は若かった・・・。この話の続きはしません・・・w

 

タイは最も気軽に行ける楽しいナイトスポットなのではないでしょうか?ご興味ある方は「バンコク ゴーゴーバー」あるいは「バンコク マッサージパーラー」などで検索していただくとたくさん詳しい情報が載っていると思います。病気にはくれぐれもご注意ください・・・。

 

なお、バンコクは日本でいうソープランドのようなマッサージパーラーも有名で、お店によっては日本語での対応もしてくれるお店も15年ほど前はあったそうです。私はゴーゴーバーで遊んだことしかありませんが、マッサージパーラーの話は結構有名で、日本でもこれ目的にタイに遊びに行く方が多いのは、男性なら聞いたことがあるかもしれません。廃人になると、

 

「1年間のボーナスをここですべて費やすために1週間旅行する、毎日1~2人の女のこと遊びまくって天国を味わった末、日本に帰ってから病気という地獄が発症し後悔する」

 

ということを繰り返すらしいです・・・。まあ噂ですよ。

 

そういえば。余談ですが、世界一周を計画していたとある男性と同時期に私も世界一周をする予定だったので、メールでやり取りをしていたことがあるんです。まずタイのバンコクから世界一周を始めようとしているといわれて、せかいのどこかで会えるといいですね~とメールしていたんですが、バンコク入りしました~といっていた3週間後くらいだったかなあ~突然

 

「結婚します」

 

とかいうメールが来て、何事!?と思ったら

 

「ゴーゴーバーで知り合ったタイ人の女の子に惚れてしまったので結婚します。人生はわからないものですね。」

 

というメールが来ていたことがあります・・・。そのメールさすがにもう消えちゃったかな・・・。いろんな人がいますね・・・。人生それぞれなので今も幸せでいらっしゃると良いです。



 

⑤私をゲイにしたアメリカ人美人バックパッカー

エロい話というか、外国での男女の話でまず筆頭で思い出すのは何と言ってもこれですよ。エロいというか笑い話です。私のバックパッカー人生の中で1位2位を争う珍事件でした。多分だけど、嫁にも話したことはない・・・。いや、話したかなさすがに?

 

これは、イタリアでの話。とてもかわいらしい21歳(確か)のアメリカ人女性(白人金髪、目は茶色)とひょんなことから知り合いになりました。もうめんどくさいので名前ニーナにしておきます笑。最初どこであったのかは覚えていない・・・。駅だったかな・・・。でもなんか食事をとっていたらすごく気があって、一緒の宿に泊まることにしたんです。すごいいい子だし、日本に興味を持っていたし。ロスから来た子で、私の母がロスに住んでいたこと、私が日本人だということなどから、どういうことかすっごく意気投合し、その流れに・・・wというワンナイトラブ

まさか白人の女の子とそんなことになるとは思っていなかったので相当興奮しました。外人デビューじゃああってねwwwでもその時の感想は

 

 

とにかく声がでかい(-_-;)

 

 

こいつらもう喘ぎ声じゃないですよあれは。悲鳴です( ゚Д゚)

なんか品がないというか、思ってたのと違ったんですよね。もちろんすごい情熱的で日本人にはない感覚なんですが・・・。高校生の野獣のようなエッチとも違う獣感がありましたwww

そして一緒にお酒のみに行ったりしてはいましたが、マジで驚いたのはもうS〇X is スポーツの感覚なんですよね。そういうのが。何のあとくされもないし、もうエ〇チしたら次の日はお友達、みたいな。だってこのエ〇チした2日後にはアメリカに帰る予定で、別にメルアドと携帯番号程度しか聞いてこないしデートしようとか一切なかった・・・。これがアメリカ人のすべてとはもちろん思いませんし、日本人にもこういう子もいますが、こういう子もいるんだな~って思っていたんです。なので、どうやって仲良くなったとかあんまり覚えてないんです。

それ以来ですかね~外国人に興味があまりなくなったのは。それまでは普通に国籍に問わず、女の子は大好きだったんですが、出会った日本人バックパッカーとの秘め事を思い出してみても、やっぱりこの外人たちのものとは違いました。日本人バックパッカーとの秘め事はもう封印してるしおもろいことはない。

 

 

んで。この話には続きがあります。むしろそっちの方が覚えている。そらそうだろ。

 

その次の日。ちゃんとバックパッカーとしてニーナと観光したり食事をとったりしていたんですが、お昼くらいだったかな宿に戻ったときに出会った、同じ宿に泊まっていた30歳くらいの黒人系アメリカ人男性と仲良くなりました。名前忘れた・・・。その彼もとても良い方で、流れ的に必然的に3人で食事することになって夜飲んでいたんですが・・・。

その際、我々が昨夜そういう関係になったんだよ~とか一切話をしていなかったこともあるのでしょう、多分その彼はかわいかったアメリカ人女性にムラムラしたんだと思います。だって本当にかわいかったからなwww誰に似てるかな・・・。ようわからんけど、10人いたら10人がかわいいっていうくらいの子。

 

そして・・・私はお酒につぶされましたwwwwww彼の戦略だったと思うwww

 

かなーり飲んだことは覚えているんですが、その先のことを覚えていません。途中多分夜11時ごろまでは赤ワインだのなんだの飲みまくって・・・気づいたらホテルにいたんですよ。んで横を見ると彼女はちゃんと寝てるんです。ちゃんと前日に泊まったツインの部屋にいました。

 

ん?何が起きたんだろう??アイジュ混乱。でもまあ不思議とそんな気持ち悪くなかった記憶があるな。良くわかりませんが、彼女も起きて、

 

ニーナ「おはよう~あなた昨日大変だったのよ。覚えてないの?」

 

と・・・。な、なにか私悪いことしましたでしょうか( ;∀;)

 

ニーナ「まあ、いいやw大丈夫笑。とりあえず私アメリカに帰るからまたね!楽しかったね!」

 

とKISSしてきたんでまあ怒ってはいないけど何が起きたのかマジで不思議なまま、朝食へ。結局、最後のバーで意気投合して飲んだ女の子がいたらしいんですが、写真見せられてもその子のこと思い出せないくらい酔っぱらってたらしいwwwんで部屋を出て、パンでも食べに行こうと二人で話していると、その昨日の彼が来たんです。

 

アイジュ「いや~昨日はごめん!なんか酔っぱらっちゃって・・・(-_-;)」

彼「いやいや~いいんだよ!大丈夫だった?覚えてないの??」

 

とすごくさわやかな感じで言ってくるんです。ただ彼女はどことなーく彼にはいや~な顔をしています。何があったんだあろうか・・・w彼女に聞いてもよくわからず。

 

まあ確か食事をして、ぶらぶらした後名残惜しく( ;∀;)?彼女を駅まで見送り、じゃあね~ってした後に、彼にすぐ言われたんですよね。

 

「アイジュ、僕は君たちの気持ちを尊重するよ!!!!」

 

 

・・・は?なにいや\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

アイジュ「へ?」

彼「いや、言いたくないことなら申し訳ない・・・でも本当に覚えてないんだね。というか君は寝ていたもんね。僕、君の大切な友人に手を出そうとしたんだよ。そしたら怒られちゃったははは。

 

 

いやいやいやますますようわからん。どういうこと( ;∀;)

 

 

彼「聞いたよ・・・襲おうとしたら彼女に『私はそういうことはしないの』って言われて・・・。いやそしたらなぜアイジュと一緒の部屋に泊まったりするんだ!?って思わず怒り口調で言っちゃったんだよね。」

アイジュ「うん・・・そうなんだ・・・(頭の中大混乱)」

彼「僕は知らなかったんだよ。彼女がレズビアンだって。

 

 

・・・

 

 

初耳ですけど。ってかエチしましたけど私。

しかしそこは演技派俳優アイジュ。

 

 

アイジュ「え?!?あ・・・そうだったんだね」(いやなにが)

彼「いや、隠してもらう必要はまったくなかったよね。だって今は恋愛だって自由だし。しかも聞かなかった僕も悪かったんだよね。同性愛者同士で同じ部屋に泊まってるという発想はなかったんだよね

 

 

・・・・

 

はっ!?

 

だれが??

 

 

アイジュ「え、えーと・・・」

彼「いや、いいんだ言わないでくれ。君がゲイだって僕は君を尊敬しているよ。気にしないでくれ、my freind。

 

 

 

アイジュ18歳、一皮むけてゲイになったらしいwwwwwwwwwwwww

 

 

 

アイジュ「え・・・あーとうーんなんて英語で言ったら良いかわからないよ(ってか待ってくれ頭の中を整理したい)」

彼「いや、むしろそんな言葉をかけることが失礼だよね僕は。そういう時代じゃないよね。許してくれ。」

アイジュ「う、うん・・・そんなこと言わないでくれ(違う何を言っているんだおれは)」

彼「いや~でもあんなかわいい子でもレズっていうのは驚いたな~

 

 

いや、ごめん許せwwwwニーナだすべて悪いのはwwwwwwwwwwwww

 

ニーナは男から襲われるのの言い訳に自分をレズビアンに仕立て上げ、なぜ男と一緒にいたんだといわれたら相手をゲイにしよったのですwww

 

このことを理解するのにかなり時間がかかり、「二日酔いなんだちょっと待ってくれ」とか何度も言ったような気がするw

 

アイジュ「そ、そうだね、彼女、め、めっちゃ可愛かったもんね(おっぱいも大きかったとかでかい声だったとか絶対言えない)」

彼「本当もったいないよ。でもなんか、君も確かに可愛らしい感じだもんね。日本人だからと思ったけど違ったんだね。

 

 

 

ニーナてめえwwwww俺をとんでもないやつにしたなwwwww

 

 

その後、その彼とも別れて(もうどういう経緯で別れたのか全く覚えてない)、1人になったとき、真っ先に駆け込んだのはインターネットカフェ。懐かしい、今ではそんなものあまりないと思いますが、当時はスマートフォンもなく、連絡するにはネットしかなかったんですよ。

 

 

『ニーナへ、なんであんなこと言ったんだい?嫌だったの彼が?ゲイ?www』

みたいなメールをしました。彼女がアメリカに帰国後にメールが返ってきて

 

『うん、だって彼なんか汚らしかったし・・・。キスしようとしてきてとっさに嫌だったから辞めてって言ってもしつこかったのでとっさに嘘ついたの。すんごく驚いてたけど、アイジュは何なんだ!?って言われてそうだ、ゲイって言っちゃえって思ったの

 

 

風評被害炸裂

 

 

結局その後、ニーナとはあまりメール続かなかったんですが(遊びだったからね・・・)、彼とはしばらくメールしてました。1年くらいかな。ずっと彼の中で俺はゲイとして扱われ、私はゲイとして死んでいくのでしょう。

 

 

今まで面白おかしく書いたりしたエピソードもありますが、これはガチですwwwwwwwwwwwwwww

いや~今思い出しても驚いたよ。忘れもしない、2人でランチ食いながら言われた。その時の彼の表情と後ろに見えた町の景色まで鮮明に覚えとるwww

エッチなことじゃないじゃんっていう突っ込みはなしね。

久しぶりに思い出したわこの話。ほとんどの旅人にもしたことないし。

 



 

 

というわけでこんな話はおしまい。あとはオフ会でお話ししましょう^w^

投資の話全くしてないね。

1件のコメント

コメントする